ともしびショップマリンへようこそ!

スカリン

 

横須賀市のゆるキャラ、スカリンでおなじみともしびショップマリンです♪

 

スカリングッズや障がい者さんが作ったお菓子や文房具、アクセサリーなど色んなグッズを購入することができます♪

 

ぜひ、みなさんともしびショップマリンへお越しくださいませ♪

横須賀市役所一階にてお待ちしております☆

横須賀市発行のエコポイント券使えます♪

 

さて、そもそも「ともしびショップ」とは・・・・

 障害のある方が働くことを実感し、仲間や地域の方々とのふれあいを通して、その自立と社会参加を実現していくために、本会が認定している売店です。

 

「ともに生きる福祉社会づくり」を目指す「ともしび運動」の輪を地域に広げていくための一つの形として、平成元年(1989年)に第1号店の県庁店がオープンして以来、県内各地の公共の建物や公園など、さまざまな場所に開設されています。


 自分たちが働くだけでなく、働く姿を通してなにかを伝えていきたい・・・。いつも、皆様に「くつろぎの時間を過ごしてほしい」と願っています。

(神奈川県社会福祉協議会のHPより抜粋いたしました)

 

 

 マリンでも毎日にこやかなスタッフが皆様のお越しをおまちもうしあげております(*^_^*)

神奈川県内のともしびショップ一覧表を添付いたします。

皆様のお近くにもともしびショップがありますよ♪探してみてね(^O^)

http://www.knsyk.jp/c/tomoshibi_center/shop_list.html

 

2019年1月7日HP更新いたしました。

新しい年を迎えました。

平成最後の年でございます。

本年もどうぞよろしくお願いしますm(_ _)m

   

 昨年末浦上台作業所より「虹の会」と言う小冊子を頂戴しました。

「障害児の未来を考える親の会」を結成なさった会長の故渕上隆子さんを偲んだ本です。

 そこには未だ理解の浅い障害福祉をどのように動かしたか書いてありました。

結局は障害者を家族に持つ人だけが諸々お困りで、就学するところもなく

施設は1箇所でいっぱい、さーどうする!?と必要に迫られて一歩一歩道を切り開いたご様子です。

そうなんですよねー。親御さんのお力が大きいんです。

今の作業所もご家族のために開所なさったところを多く見受けられます。

住まいは愚か、学校、職場も開拓なさったのはご家族です。

かおもそんな現状は知りませんでした。

今は困り事をお伝えすることで動くこともありますが、ほ-ーんの少し(^_^;)

「生活」は24時間ですよね。

でも行政が空いているのは8時30分から、17時15分まで。平日のみ!

それ以降、どこに相談しますか?

急にご家族が体調悪くなり、動けなくなったとき誰に助けてもらいますか?

「ちょっと待ってね」なんてわけにはいかないから「相談機関」の開設を親御さんたちは

強く望んできたのに、突然計画が白紙になった横須賀市。

箱物を立てる余裕はあるんですねー?????

意味がわからん。

話はそれましたが、武山養護学校もかがみ田苑も市立総合福祉会会館も

皆様の努力の賜物だったんですね。

(そう言えば福祉会館にやっと大人がオムツ交換できるベットができました。

市役所にはありませんが・・・・)

故人はご長男の進学先として武山養護学校設立に向けてご尽力なさいましたが、入学が決定した15歳の大晦日に他界なさったそうです。

 

ここにお身内の鳥山佐代子さんの句をご紹介させてください。合掌

 

ひたむきに苦難の道を切り開き

      ともしび照らせし君やすらかに

 

 

同じことを毎日続けられること、これって幸せと思います。

障害者の方を嘲笑うような行為を目にいたします。。。。

悲しいことです。

みなさんだって明日は我が身だよ?そう思いますけど。

かおは精神的な病に掛かって何十年も経ちますが、根本が治りません。

しょうがないと思っています。

同じ人間だもの。。。。

乗り越える術、交わすことは少し役立ってると思います。

自分を認めて、今やれることを自分らしくやっていきたいと思います。

うちのスタッフも変化の時期を迎えています。

サポート体制を整えて変わらずに営業し続けたいと思っていますので

暖かく見守ってくださいね。

障害福祉課さん!

理解して支えて欲しいと思います。

そういうお仕事ですよねー????

年末に上記とトラブり凹みましたが、はいあがりましたよーo(^▽^)o

さあ、今年もがんばろうー(*゚▽゚*)

 

 

 

 

 

  

※皆さんは福祉部障害福祉課総務係と市民部があんしんかーどと在宅障害者に対する災害時要援護者支援プランをご存知ですか?

その件について上部お知らせ欄より2月のコーナーで少し書いておきますので

お読みくださいませ。

 

 

この度、障害福祉課より「共生社会実現のために」(きょうせいしゃかいじつげん)

と言うガイドブックが出来上がりました。

この中には障害の内容、主な特性、主な配慮の方法などわかりやすく書いてあります。

以前からお伝えしておりますように、「障害」は誰にでも起こり得る事なのです。

幸い私たちは自分の足があり、話すことができますので

お困りの方がいらっしゃったら是非お声をかけてみて下さいませ。

詳しくは下部より横須賀市HPの抜粋が見れますので熟読して欲しいです。

今日も良い日であります様に☆彡

http://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/3030/guidebook/guidebook.html

上部をクリック!

中間の「共生社会実現のために」という欄を再度クリック!

 

 

 

皆さんは視覚障害の方の「たすけてー!」というサインをご存知ですか?

白い杖を真上に上げていたら困っているサインです。

詳しくはこちらをどうぞー(#^.^#)

http://matome.naver.jp/odai/2136149543943235301

困っているようーな方に声を掛けるのって勇気が要りますよね。

拒否されたり、誤解されたりねヽ(;▽;)ノ

かおもそういう経験あります。

でも懲りずに手を差し伸べて見てくださいね。

外人さんに知ってる英単語で話しかける、ほんのちょっとの手話でお耳の不自由な方に対応すると心を開いて下さる気がします。

そんな経験ありませんか?

杖をついている方にはお声をかけて(向こう側まで渡るのか、何処まで行くのか)

腕につかまっていただいてエスコートするのが正しいようですね。

そんなワンポイントをこれからもお伝えしていきたいと思います。かおり✿

 

 さてー、いよいよ始まりましたよー(#^.^#)

YouTubeで「ともしびショップマリン」の番組が見れます☆彡

商業観光課さんより許可を頂きまして、スカリンも登場いたします。

この番組は作業所の方たちの普段のお仕事の風景を通して

どんなものを作っているか、彼らの頑張りを皆様に伝えられたらと思っております。

順次各作業所や施設のご紹介をしていきますので

どうぞお楽しみに~(*´▽`*)

 

 

 

 

日頃より御好評頂いております、スカリングッズについに!

ぬいぐるにが登場です☆彡

身長10,5センチ・最大幅9センチ

(スカリンのお顔部分です)

チョー人気を頂いておりまして、後2個になってしましましたが(^_^;)

 価格は¥700-です。

ファンの皆様お待たせいたしました。

上記の書は書道家金沢翔子さんの作品です。

 

マリンでは

わんこのおやつを

販売中です☆彡

 このおやつは

市内の獣医さんでも販売していただいております。

もちろん無添加です(#^.^#)

のぶこペットクリニック・川畑動物病院(本院・分院)・MiU動物病院・ながのペット病院・岩沢ポートリー(卵屋さん)・鈴木整骨院・湘南整体院

などであまね作業所のワンちゃんのおやつがあります。

※ヘッダー画像のお家スカリンは現在は配布しておりませんのでご了承くださいませ(^^)